« 大人の遠足 モノクローム編 | トップページ | ハッセルブラッド Hasselblad SWC/M »

2013年1月 6日 (日)

ハッセルブラッド Hasselblad 500c

お友達のT@京都さんに201212月ハッセルブラッド500cを借りました。

レンズはPlanar80mm2.8 白鏡筒でT*でないタイプの後期型です。

文字がプリントのタイプなので、所々薄くなったり、消えたりしています。

とりあえず、インターネットで使い方を検索して、 ついでにフードが安かったので、頼んでしまいました。


Hassel80mm


 

ハッセルブラッドを使うにはいろいろ儀式があるわけですが、それは色々なHPで紹介さ れていますにで、ここでは省きます。 

とにかく、ハッセルブラッドを手にして、最初に感じたのは何とも手に馴染む大きさと重 さと肌触り。そして、ファインダーを覗いた時のうっとりするような美しさ。すべてが しっかりしていて、美しい。堅牢と優美さを兼ね備えた機械です。それにZaissのレンズが ついているわけですから、素晴らしい道具であり美術品。切れ味鋭い日本刀と言うところ でしょうか。

 

さて、フィルムを入れて使ってみると、これが難しい。

まず、広角レンズに慣れた目にこの画角はすごく狭く、思った構図を取るために何歩か下がらないといけないことしばしば。

最短距離が1mなのでこれまた思ったように寄れない。

おまけに、ファインダーがミラーイメージで傾きが補正するのにこれまた時間がかかります。ファインダーも実用的には暗い・・・

家の引き出しに転がっていたT-Max400を詰めて撮ったのですが、現在使用中のスーパー プロドール現像液のデータが無く山勘で現像しました。


そして、ブローニーフィルムを焼くにはFocomat IIcを使わないといけません。


 

Focomatiic


急遽、暗室にFocomat IIcをセットしました。

やはり、でかい!

で、写真は


20121209hasselplanar80mm002s

 

20121209hasselplanar80mm001s_2

 

Hasselblad 500c Planar80mm2.8 Kodak T-MAX 100

Leitz Focomat IIc V-Elmar100mm
Ilford Multigrade IV RC Deluxe Ilford Multigrade filter No.3


うーん、もう少し広角のレンズが欲しい! で、年末ディスタゴン50mmf4買ってしまいました。


Hassel50mm

大きささえ気にしなければ、これのレンズすごく良いです。

でも、大きくて重い。写真はこんな感じ。


20121224hasseldistagon50mm001s

 

20121224hasseldistagon50mm002s

 

Hasselblad 500c Distagon50mm4.0 Fuji Neopan ACROS
Leitz Focomat IIc V-Elmar100mm
Ilford Multigrade IV RC Deluxe Ilford Multigrade filter No.3


で、借り物のカメラを機能拡張。抜き差しならない状況になってしまいました 

 

|

« 大人の遠足 モノクローム編 | トップページ | ハッセルブラッド Hasselblad SWC/M »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503049/56485170

この記事へのトラックバック一覧です: ハッセルブラッド Hasselblad 500c:

« 大人の遠足 モノクローム編 | トップページ | ハッセルブラッド Hasselblad SWC/M »