« 2008春 京都 石像寺(釘抜き地蔵) | トップページ | 6ッ切りプリント »

2008年5月13日 (火)

2008春 京都 西陣

石像寺の続きです。
千本通りから西へ、西陣を散歩しました。

お漬け物屋さんの暖簾が風にゆれています。
080329kyotonishijin500001
Konica HEXAR RF Richo GR28mm2.8
Rollei RETRO400  Kodak Xtor(1:1) 11min 20℃
Focomat Ic Focotar50mm4.5 Ilford IV RC delux 1M (filter Fuji No.2 1/2)

左端に見える樽には

080329kyotonishijin500002
Konica HEXAR RF Richo GR28mm2.8
Rollei RETRO400  Kodak Xtor(1:1) 11min 20℃
Focomat Ic Focotar50mm4.5 Ilford IV RC delux 1M (filter Fuji No.2 1/2)

桜の花が浮かんでいます。

引き戸の磨りガラスに映る格子・・・京都らしいですね。

080329kyotonishijin500003
Konica HEXAR RF Richo GR28mm2.8
Rollei RETRO400  Kodak Xtor(1:1) 11min 20℃
Focomat Ic Focotar50mm4.5 Ilford IV RC delux 1M (filter Fuji No.2 1/2)

格子の縦棒は何本かづつ上端が一定の長さで切られています。
切り子というそうです。
切り子の数は織り屋さんが4本、糸、紐屋さんが3本、呉服屋さんが2本だそうです。
商売によって室内に取り込む光の量変えているのでしょうか?

千本釈迦堂まで散歩しました。
おかめ桜の下には

080329kyotonishijin500004
Konica HEXAR RF Richo GR28mm2.8
Rollei RETRO400  Kodak Xtor(1:1) 11min 20℃
Focomat Ic Focotar50mm4.5 Ilford IV RC delux 1M (filter Fuji No.2 1/2)

とっても素敵なカップルがいらっしゃいました。

モノクロで街を撮るにはもっと修行が必要です。

|

« 2008春 京都 石像寺(釘抜き地蔵) | トップページ | 6ッ切りプリント »

コメント

ついに稼働しはじめましたね.
フィルム・現像液・ペーパーの名前が皆知らないモノばかり.
古い革袋に新しいお酒という趣で.
オリジナルのトーンがモニタからでも窺えそうです.
ご謙遜ですが,古い街並みの情緒がすばらしいですね.

投稿: lensmania | 2008年5月13日 (火) 23時03分

lensmaniaさん、こんばんは。
ボチボチ、動かし始めました。
いろいろ試しているのですが、
フィルムはTri-X、現像液はXtolに落ち着きそうです。
印画紙は今のストックが無くなるまではイルフォードの多階調。
今度フジの多階調印画紙を使ってみようと思っています。

どうもAEに頼り切る癖がついていまして、
おまけにAE性能が良いものだから、
黒いものも白いものもみんなグレーになっちゃいます(笑)
焼くのが大変・・・
アナログ針がファインダーの右側で上下していると
ちょっとオーバーとかアンダーとか適当にやっていたのですが・・・・
最近、CLの露出計が怪しくなってきたような気がします。

いやぁ・・・
ずっと、55mmマイクロニッコールを使っていたので、
28mmや35mmで街を撮るのなんて、初めてみたいなもんです。

投稿: 泉式 | 2008年5月14日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503049/41197265

この記事へのトラックバック一覧です: 2008春 京都 西陣:

« 2008春 京都 石像寺(釘抜き地蔵) | トップページ | 6ッ切りプリント »