2013年11月17日 (日)

FOCOTAR (フォコター)の話

久しぶりの更新です。
フォコターについて質問があったので、泉式が知る限りでフォコターとライカの引き延ばしレンズについてまとめてみようと思います。

フォコターはフォコマート用に作られた引き延ばしレンズです。
基本的にフォコターは4タイプあるようです。

         刻印     前面の表記
type A         DOOCQ   Ernst Leitz Wetzlar Germany Focotar f=5cm 1:4.5
type B         DOOCQ   Ernst Leitz Wetzlar GmbH Germany Focotar f=5cm 1:4.5
type C         16751R       LEITZ WETZLAR  FOCOTAR 1:4.5/50
type D         無し            LEITZ WETZLAR  FOCOTAR 1:4.5/50

写真左 type B   中央 type D   右 type C
Img_3260  

これ以外に
ライツ社の生産が追いつかず、中身がシュナイダーのコンポノンが入っているフォコター
そして、カラーに対応したフォコター2

写真 左 中身がコンポノン  右 FOGOTAR−2
Img_3261

ちなみにフォコマート用に最初に専用引き伸ばしレンズとしてつけられたのは
バロブ
フォコマートIIcの初期型用に作られたのがエルマー5cm

写真 左 バロブ 右 エルマー
Img_3262

泉式の持っている上の3本のフォコターはたぶんエレメントは同じと思われます。
ですから、性能はレンズの状態によると思われます。
一番性能がよかったのは中央のtype Cです。

それとコンポノン・フォコターとフォコター2との違いは
コンポノンフォコターは残念ながら解像度も暗部、明部の表現性もtype Cには劣っています。
フォコター2は解像度はtype Cより良いのですが、暗部がつぶれ気味になります。

バロブは線が太いイメージでエルマーは柔らかなイメージに焼き上がります。






                

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

厄払い

節分を過ぎたので今年も門戸厄神に厄払いに行きました。
20130211mondoyakujin001
20130211mondoyakujin002_2

20130211mondoyakujin003
Hasselblad SWC Biogon38mm4.0 Fuji Neopan Acros100

Leitz Focomat IIc V-Elmar100mm
Ilford Multigrade IV RC Deluxe Ilford Multigrade filter No.3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

ハッセルブラッド Hasselblad SWC/M

泉式がハッセルブラッドを使い始めたのを知って、友人のlensmaniaさんがレンズを貸してくださいました。なんと、レンズと一緒にHasselblad SWC/Mもやってきました。
Hasselbladswc
Biogon38mmは迫力満点

早速、T-MAX400を詰めて使ってみました。
和歌山の日前宮です。

Hassalswcnichizenguu000s
真四角の広角画面はなかなか面白い

Hasselswcnichizenguu005s
スキャン画像ではよく判らないかもしれませんが、解像度はもちろん、階調はすごく豊かです。周辺まで文句なし!

Hassalswcnichizengu001s
境内はとっても静か・・・小さなシャッター音が大きく聞こえます。

Hassalswchichizennguu003s

Hasselblad SWC Biogon38mm4.0 Kodak T-MAX 400

Leitz Focomat IIc V-Elmar100mm
Ilford Multigrade IV RC Deluxe Ilford Multigrade filter No.3.5


樹にはおみくじの花が咲いています。
近接も面白い。ボケも綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハッセルブラッド Hasselblad 500c